ネットカジノについてSNSへ投稿するのは違法行為なのか?

最近ではTwitterやInstagramなどのSNSが当たり前の存在となりましたが、ネットカジノに関する情報をこれらSNSで公開するのは避けた方が無難です。
もちろんネットカジノ自体に違法性はありませんが、日本の法律上、カジノのような賭博は禁止されており、ネットカジノも現段階ではグレーゾーンなのです。
グレーゾーンなのにも関わらず、SNSで公にその情報やプレイ内容を投稿するのは、自ら違法では無いけど合法でも無いことをしてるよ!っと言っているようなものです。
そこで今回の記事では、ネットカジノについてSNSへ投稿するのは違法行為なのか?について詳しく解説していきますので、SNSを利用されている方は是非参考にしてみてください。

そもそもネットカジノは違法なのか?

そもそもネットカジノは違法なのか?
ゲーミングライセンスを所持しているネットカジノは合法であり、決して違法行為として賭博の場所を提供しているわけではありません。

しかし現在の日本ではネットカジノの運営は法律によって禁止されており、日本国内にネットカジノの胴元を置くことはできません。
これは賭博開帳図利罪が適用となり、ネットカジノ運営側はもちろんのこと、遊んだプレイヤーにも違法性が問われることになります。
ただし日本の法律は海外には適用されませんので、海外に拠点とサーバーを置いているネットカジノをプレイしても、それは違法にはなりません。

注意したいのは、違法にはなりませんが決して合法で国が認めているわけではない、ということです。
現在の法律でネットカジノを規制する内容が明記されていないため違法にはならず、同じように合法というわけでもないのです。

いわゆるグレーゾーンとなるため、堂々とネットカジノをプレイしていることを公にしない方が良いでしょう。
日本でもカジノ法案が可決されたため、今後ネットカジノに関する法律が作られる可能性もありますが、現段階では違法では無いのでご安心ください。

違法性は無くてもSNSへの投稿には要注意

違法性は無くてもSNSへの投稿には要注意
前項でお伝えしました通り、ネットカジノに違法性はありませんが合法でも無いため、SNSへの投稿には注意が必要です。
よくTwitterで「今日はネットカジノで500ドルの勝利!」「日本人限定のトーナメントで勝った!」などと投稿したり、中にはInstagramの生配信機能を使って、ネットカジノのプレイの様子をリアルタイムで配信しているユーザーもいます。

ネットカジノはグレーゾーンなのですから、あまりにもSNSで大々的に公開してしまうと、警察から目をつけられてしまうことだって考えられます。
それが発端となって、ネットカジノに関する規制が作られ、今後日本国内からネットカジノをプレイできなくなる可能性だって0ではありません。
SNSへの投稿は控え、警察やその他当局を刺激することなくネットカジノを楽しみましょう。

SNSへの投稿がきっかけで個人が特定された事件

SNSへの投稿がきっかけで個人が特定された事件
実際にネットカジノに関することをSNSへ投稿したことで、個人が特定され逮捕された時間が過去に起こっています。
いわゆる「スマートライブ事件」と呼ばれており、ネットカジノプレイヤーが日本で初めて逮捕されたことで今でも語り草になっています。

ではどうしてスマートライブで遊んでいたプレイヤーが逮捕されてしまったのでしょうか?
その根本的な理由として、スマートライブは日本人限定のイベントやプロモーションを随時開催しており、またディーラーにも日本人を採用していたところにあります。
この事実を知った警察が「スマートライブの胴元は国内に存在すると見なす」と判断し、プレイヤーの特定に入りました。
事実ではなく、あくまでも「見なす」という判断で逮捕に至る経緯がおかしな話ですが、これはネットカジノがグレーゾーンだからこそです。

また日本の警察が海外を拠点にしているネットカジノを摘発し、そこからプレイヤーリストを割り出すことはできません。
そこでSNSにスマートライブのプレイ動画やプレイ日記を公開していた日本人を割り出し、3人が逮捕に至ったわけです。
最終的には違法性が認められ、単純賭博罪で略式起訴となりました。

ネットカジノで遊ぶこと自体に違法性はありませんが、スマートライブ事件のように、国内に胴元がいると「見なされれば」、逮捕される危険性もあります。
非常に理不尽極まりないですが、法的にグレーゾーンである以上、見なされるのは仕方の無いことです。
このことから、個人が特定されないよう、ネットカジノについてSNSへ投稿するのは避けるようにしましょう。

まとめ

今回の記事では、ネットカジノについてSNSへ投稿するのは違法行為なのか?について詳しく解説させていただきましたが、SNSへ投稿することで個人が特定され、逮捕に至るケースがあることを忘れてはいけません。
とは言いましても、ネットカジノに違法性はありませんので、国内でプレイしても問題ありません。
ただしスマートライブのような日本人に特化したネットカジノは、警察から目をつけられる可能性がありますのでご注意ください。
トラブルに巻き込まれないようにするためにも、ネットカジノは個人だけで楽しみ、遊ぶネットカジノも世界中で知られる大手のみにしておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です