国内でのオンラインカジノの法的扱い

オンラインカジノは合法なのか違法なのか

オンラインカジノは合法なのか違法なのか

オンライカジノは、インターネット上で出来るギャンブルだからこそ、違法なのか、合法なのかという点でいつも議論されています。
オンラインカジノが違法なのか合法なのかという点については、専門家の間でも見解が分かれています。しかし、現状では、オンラインカジノを取り締まる法律自体が存在していませんし、1度日本人プレイヤーが逮捕されるという事件が2016年にありましたが、その後不起訴処分となったという過去があります。

すなわち、オンラインカジノは、違法とも合法ともいえないグレーゾーンのギャンブルであり、他のギャンブルとは違っているといえるでしょう。

海外の業者が運営をしている、特殊なギャンブル

オンラインカジノが、なぜ合法でも違法でもないのか、その理由ですが、オンラインカジノは、海外の業者が運営をしているという点が大きな理由です。
通常、賭博罪は、日本国内に胴元があり、賭博の場を提供していることによって、賭博罪となります。しかし、オンラインカジノの場合、海外の業者が、合法国において正式にライセンスを取得して運営されているため、それ自体は違法ではありません。
また、胴元が日本国内にないので、ラスベガスやマカオでカジノを楽しむのと同じように、問題ないのではないかという見方も出来ます。

オンラインカジノは、海外業者が運営をしているということもあり、日本の法律で裁くことが出来ませんし、プレイヤーはマウスをクリックしてプレイをしているだけで、サーバーが海外にあるので、問題ないのではないかという見方もあります。
つまり、オンラインカジノを正式に取り締まることが出来ない状態なのです。

気になるオンラインカジノの違法性

気になるオンラインカジノの違法性

オンラインカジノの違法性は気になるところです。
元々、オンラインカジノは、日本では馴染みがありませんが、海外の業者によって運営されており、海外では合法となっている国がたくさんあります。
海外では、合法国において、正式にライセンスが発行されていて、許可された上で運営されています。
つまり、オンラインカジノ自体は違法でも何でもなく、世界中で親しまれているギャンブルなのです。

問題は、日本国内で、オンラインカジノをプレイした場合、法律的には違法になってしまうのかという点です。
オンラインカジノは、違法であるというイメージが強いですが、実はオンラインカジノは、現段階では合法でも違法でもないというのが今の状態となっています。

オンラインカジノが合法でも違法でもない理由

オンラインカジノが合法でも違法でもない理由に、「海外において運営されているから」という理由があります。
オンラインカジノは、海外の業者が運営をしています。日本の法律での「賭博罪」ですが、賭博場開張図利罪というものがあり、これはお金を賭ける場所を提供するという罪になります。
違法カジノの経営者が逮捕された場合、この賭博罪に当たるのですが、オンラインカジノの場合、運営しているのが海外の業者ですので、取り締まることが出来ません。

また、国内のプレイヤーだけを逮捕したとしても、運営元を処罰することが出来ないので、片方だけを賭博罪とすることが出来ません。日本の法律では、胴元、プレイヤーどちらもを検挙する必要があるからです。
しかし、オンラインカジノは、海外に胴元があり、合法的に運営されているので、日本の法律だけでこれを裁くことが出来ません。このため、オンラインカジノは、グレーゾーンとして扱われているのです。

日本初の逮捕者とは?

日本初の逮捕者とは?

実はオンラインカジノには、2016年3月に日本で初のプレイヤーの逮捕者が出ました。
しかし、処罰されたのかというと、そうではなく、結果的に不起訴処分という形に終わっています。
検察側も、オンラインカジノの違法性を立証することは困難であると判断したのでしょう。

国内初のプレイヤーで逮捕者が出ましたが、このように不起訴処分になったということもあり、今後も摘発される可能性は少ないといえます。
オンラインカジノで遊びたいけれど、違法性が気になるという方も、法律的なことを考えても、現時点で、処罰されてしまうということは特にありません。
このため、安心して遊ぶことが出来るといえるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です